Webライターで副収入

Webライターの仕事

Webライターはホームページやサイトに掲載される文章を書く仕事です。

 

一昔前は、ライターになるのは難しく、ある種憧れの職業でもありました。
インターネット登場後は、自分の書いた文章をお金にすることも難しくなくなりました。
代表的なものが、Webライターです。

 

今では副業ライターも一般的になり、本も出ています。

 

 

 

Webライターはパソコンがあればできるので、お手軽な在宅ワークです。
報酬の相場は400文字〜1000文字程度で100〜300円くらいです。

 

仕事内容は、依頼者が指定したテーマに対しての記事を書くこと。
当然、詳しくなかったり、知らないテーマも与えられます。
そのときは、インターネットで検索して、調べつつ書かないといけません。
でも、コピペで丸写ししてしまっては、著作権に触れてしまいます。

 

そこで、集めた情報を自分の言葉で書き換えるリライトという能力が求められます

 

やってみればよくわかるのですが、物事を調べて文章にするのは、思いのほか時間がかかります。
正直、労力やかかる時間に比べて割に合わない!と思うかもしれません。

 

ただし、最初は、時給にするとよくないかもしれませんが、
ライティングは書くほどに上達し、スピードもアップします。
空いた時間を活用できますので、サラリーマンや主婦にも人気です。

Webライターになるには

Webライターになるには、募集や求人をしているサイトを探す必要があります。
最近では、クラウドソーシングが広まってきたので、そこで探すのがいいでしょう。

 

昔からある有名どころの仲介サイトは、WEBライター.jp@SOHOなどです。
また、個人の方はmixiなどでも探していますので、意外と簡単に見つかると思います。

 

募集がかかっている案件をチェックし、
自分にできそうだと思ったら応募しましょう。

 

採用されれば、期日までに記事を書き、納品します。

 

ある程度のクオリティーのものを安定して提出できれば、
依頼主がリピーターになってくれるはずです。

 

また、スキルや専門的な知識があれば、高単価も可能です。

 

ブログライターも併せて作業すれば、仕事の数もこなせます。
文章を書くのが好きな方には、もってこいの副業ですね。

 

作家やライターに憧れていた人には、副業とはいえ自分の文章が読んでもらえるし、夢をかなえるチャンスですね。

 

クラウドソーシングでは、常にライターの募集がかかっています。

 

日記ブログの記事など、単価は安いですがさらっと書けるものも募集していますので、まずは腕試しするにはちょうどいいですね。

副業サラリーマンの本音

Q1.サラリーマンの副業として、向いていますか?

 

目標金額が1〜2万円でよければ、向いています。
在宅でPCのみで作業できる上に、一回当たりの作業は30分程度です。
空き時間を利用したサラリーマン副業にはピッタリですね。

 

ただし、確実に飽きますのでマイペースで続けられるか、
よほど書くことが好きな人でないと続かないかも。

 

 

Q2.どれくらい稼ぐことができますか?

 

ライター募集サイトのランキングを見ると、トップの人は1日で1万円ほど稼いでいます。

 

これだけ稼げる可能性があるということですね。
でも、残念ながら副業ライターではありませんね。
ほぼ専業で書いている人でしょう。

 

時間の限られたサラリーマンなら、がんばっても1ヶ月に2〜3万くらいでしょう。
それでもなかなかの稼ぎです。

 

 

Q3.書いた文章はどこで使われますか?

 

素人の副業ライターの書いた記事はいったいどこで使われるんだろう!?
そう思うのは当然です。

 

では、いったい依頼者は誰で、どこで使われるのでしょうか?

 

ほとんどのケースはインターネットのサイトやブログで使用されます。

 

募集をしている人は、アフィリエイターのようなブログ作成やサイト作成でお金を稼いでいる人が多いです。
そのブログ記事の作成を代行していることになりますね。

 

つまり、副業ライターとして記事書きを学べば、アフィリエイトで稼ぐ勉強もできるかもしれません。

 

 

Q4.どこの募集サイトがオススメですか?

 

個人的にライター業ではクラウドソーシングが良いと思います。
仕事の募集がすごく多く、ジャンルも多様なので書きたいテーマがすぐ見つかります。