サラリーマンの副業と確定申告

確定申告はいくらから?

サラリーマンの副業は年間20万円未満のときは、確定申告の必要はありません。

 

副業収入−必要経費が20万円を超えた場合、
雑所得として確定申告しないといけません。
金額がかなり大きいときは、事業所得となるケースもあります。

 

サラリーマンは会社が勝手に源泉徴収してくれるので、
確定申告などやったことがない人が多いのではないでしょうか?

 

確かに面倒ですし、会社にばれる可能性もありますので、
うまく20万円未満に抑えるのも手ですね。

 

必要経費は、ネット副業ならPC購入費用やプロバイダ代、書籍代など。
せっかくですからしっかり計上したいですね。

 

 

また、専業主婦などの場合は、年間所得が38万円未満は申告不要です。
パート・アルバイト収入で103万円未満ですね。

 

内職でも「家内労働者等の必要経費の特例」があり、
65万円の経費が認められるので、こちらも103万円です。

 

これ以上になると、扶養から外れてしまうので注意が必要ですね。

会社にばれないためには!

副業が会社にばれる理由は、確定申告にあります。
うっかり自分で口を滑らすというのもありますけど。

 

では、どうして確定申告でばれるのでしょうか?
サラリーマンの「住民税」は基本的に給与から天引きする形で納税されます。
この納税方法を「特別徴収」といいますが、この特別徴収が曲者です。

 

特別徴収の際、地方自治体から会社に「住民税の個人別明細書」が送られてきます。
これを見ると、副業をしているのがわかってしまうわけです。

 

では、どうすればいいかというと、
特別徴収ではなく「普通徴収」を選ぶといいんです。

 

確定申告書の「第二表」に「住民税・事業税に関する事項」という欄があります。
その中の「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」で
「自分で納付(普通徴収)」にチェックを入れてください

 

そうすれば、副業分の住民税は自分で直接納税することができます。
住民税の請求が意外と高くても、驚かないでくださいね。

 

※最近は自治体の方針でアルバイトやパートなどの給与所得は、原則特別徴収されるようになりました。普通徴収を選択しても認められませんので気をつけてください。