マイナンバーでサラリーマンの副業がばれる

マイナンバーで副業がばれる理由

サラリーマンで会社に副業を届けている人などほぼいないと思います。
ばれては困るものである副業がマイナンバーによって会社にばれてしまうかもしれません。

 

どうしてばれるかというと、それは住民税
住民税は前年度の所得をもとに算出され、税務署が会社に金額を通知します。つまり副業による収入が多いと、人事部が怪しみ、マイナンバーで照合をすると一発でばれてしまうのです。

 

副業の確定申告は、住民税の納付方法を「自分で納付(普通徴収)」を選ぶのが鉄則ですが、今後はこれも難しくなるでしょう。
アルバイトなど給与で支払われるものは、最近の自治体の方針で原則給与から天引き(特別徴収)にされてしまいます。

 

水商売をこっそりやっているOLがいなくなりそうだと言われているのもこのせいです。それに夜の店で働いていた履歴が永久に残ってしまうし、稼ぎが多いと、親にばれたり、親の扶養控除から外れてしまったりするので学生でも油断なりませんね。

会社にばれない副業は

それはズバリ『報酬』という形で支払われる副業です。
具体的に言うと、WEBライターの原稿料やアフィリエイトなどの報酬になります。

 

給与ではないため普通徴収が可能ですので、住民税が会社天引きとなりません。
しかし、確実ではないため年間の副収入を20万円以下に抑えるのも一つの手です。

 

残念ながら、会社にばれたくないサラリーマンの副業は限定されていくことになりますね。
国はとりっぱぐれのないようにしたいのでしょうが、その結果、経済活動を低迷させることになるでしょう。

 

消費税増税も同じことですが、残念なことです。